天空のタワン僧院とアルナーチャル・プラデーシュ西部

  • ポイントはここ!
  • ラサのポタラ宮殿に次ぐ世界第2位の規模を誇る仏教僧院、タワン・ゴンパ見学
  • ダライ・ラマ14世がチベットから亡命したルートを辿り、中国国境近くにある世界三大仏塔の一つゴルサム・チョルテン訪問
  • ダイナミックな地形の変化:海抜100メートル以下の平地からいっきに標高4,000メートルのセラ峠までドライブ
  • ディラン郊外の美しいチューグ谷やサンティ谷を散策
  • 迫力あるヌラナン滝の撮影スポットへ
  • モンパ族の家庭料理をお召し上がりいただきます
  • アッサムのイギリス時代から残る紅茶農園のバンガローで本格的な紅茶を召し上がりながらリラックス

アルナーチャル・プラデーシュ西部のご紹介

ヒマラヤ山脈の東端沿い、東西に細長いアルナーチャル・プラデーシュはインドで最も北東に位置する州です。インドで一番人口密度の低い州でもあり、大部分が未開発の森林地帯。外国人だけでは無く、一般のインド人でも許可証が無いと入れない、特別な地域です。

モンパ族の民族衣装
モンパ族の民族衣装

様々な民族や文化が共存するアルナーチャルですが、西部はチベットの文化が強く影響しており、民族衣装に身を包んだモンパ族が多く暮らします。

ブータンとチベットに挟まれ、400年以上前に建てられたタワン僧院はラサのポタラ宮殿の次に大きい世界第二位の規模の仏教僧院とされています。実際、チベットが中国の領土になるまではタワンはラサへ税金を納めていました。

タワンより更に先は現ダライ・ラマ14世が1959年にインドへ逃げてきた道です。チベットのラサは近く、中国との国境付近にある10世紀に建てられたゼミタンには世界三大仏塔の一つ、ゴルサム・チョルテンがあります。

バルクポンの風景
バルクポンの風景

タワンまでは最寄りの空港であるアッサム州のグワハティから専用車で片道3日間の距離となりますが、途中の景色は素晴らしく、平地の熱帯雨林から北東インドでは一番標高の高い車道、セラ峠(標高約4,170メートル)を通ります、様々な地形や環境を楽しめます。途中には素朴な村々や景勝ポイントが多く、新しい発見が多くあるルートです。

また、アッサムからタワンとは反対側の方面には顔の刺繍と鼻にピアスを付けたアパタニ族が住む場所で有名なジロも訪問。古来から優れた自然と人類が共存できる持続的な文明を持続している事が特徴で、アパタニの文化全体が世界遺産登録の候補に挙げられています(こちらは参考プランには含まれておりませんが、ご興味ありましたら作成致します)。

ベストシーズン:ツツジの花が見頃を迎える4月~5月か、9月下旬~11月。モンスーンの影響で6月~9月中旬は天気があまり良くありません。

参考プラン:グワハティ空港からグワハティ空港まで6泊7日

行程【宿泊地】
1 グワハティ空港到着後、専用車にてナメリ国立公園の宿泊施設へ。園内散策。【ナメリ国立公園内泊】
2 ディランへ向けて移動。途中、アルナーチャル州境、バルクポンにて入境手続き。その後、ボムディラにて仏教僧院、トゥブチョグ・ギャツェリン・ゴンパと野菜市場見学。ディラン到着前にディラン・ゾン(砦)見学。【ディラン泊】
3 タワンへ向けて移動。途中、チューグ谷のモンパ族の村を散策後、標高4,000メートルを超えるセラ峠から晴れていれば雄大な景色をお楽しみ下さい。セラ湖沿いをドライブし、迫力のあるヌラナン滝を見学。夕方タワン到着。【タワン泊】
4 日帰りで最奥の地、ゼミタンへ。途中、モンパ族の集落を散策。ゼミタンでは谷間に佇む巨大な仏塔、ゴルサム・チョルテン見学。タワンへ戻り、タワン僧院、タワン僧院博物館、アニ・ゴンパ(尼僧院)、ウルゲリン見学。【タワン泊】
5 ディランへ戻ります。ディラン郊外の美しいサンティ谷の川沿いをドライブ。【ディラン泊】
6 アッサム州のアダバリ紅茶農園へ。紅茶農園見学。【アダバリ紅茶農園内泊】
7 グワハティ空港へ。

ご利用宿泊施設一例

紅茶農園を除き、すべてシンプルです。初日は、国立公園内のテント式宿(専用バスルーム付き)をご案内しておりますが、エアコン等の設置はありません。ご希望の際には、付近の街中のホテルを手配致します。紅茶農園ではイギリス植民地時代から存在するバンガロータイプのアットホームな宿へご案内致します。

備考

・日程はお客様のご都合に合わせて作成後、お見積りを算出致します。

・アルナーチャル・プラデーシュ州を旅行される際には Protected Area Permit と呼ばれる入境許可証が必要になります。これは、アルナーチャル州政府に認可された旅行会社のみにて取得が可能であり、弊社で代行手続きをさせて頂きます。

・アルナーチャルは山岳地帯のため土砂崩れが頻繁に起ります。その際、余儀無く予定変更の場合があります。

・日程に余裕がありましたら、アパタニ族が暮らすジロや、同じアルナーチャルでも全く異なる文化圏や景観の東部もお勧め致します。

・お問合せ及びお申込みの流れに関しましてはこちらをご確認下さいませ。

Scroll to Top