仏陀の足跡を辿る仏教八大聖地巡礼とタージマハル

  • ポイントはここ!
  • 限られた日数にて一番効率の良いルートで八大聖地+@を制覇
  • 仏教聖地専門のベテラン日本語ガイドが同行
  • バラナシでは火の儀式アールティ見学と早朝のガンジス川ボートライド体験
  • 世界一美しいお墓タージマハルも日程に追加
  • 世界最古の大学とも言われているナーランダ大学跡を見学
  • パトナ、サルナート、マトゥラーでは仏舎利や仏教美術の最高峰とも呼ばれている展示物がある博物館見学
  • 直径430メートルもある世界最大の仏塔ケサリヤ・ストゥーパにお立ち寄り

仏教八大聖地のご紹介

仏陀の生誕の地から入滅の地まで、一生を通して数々の困難や感動の人生を過ごされた地域です。その内の一つは、死後の3か月後に母親のマーヤに再会された伝説に因んだ場所になります。

これらの聖地は真夏は50℃に達する事も珍しくない過酷な地であり、ネパール南部、インドのビハール州、そしてその隣のウッタル・プラデーシュ州にまたいで点在します。実際どの様にして仏教が生まれ、そして仏陀の本当のメッセージは何であったかと考えさせられるのがこの八大聖地巡りの旅です。ヒンドゥー教の聖地バラナシでは、仏教の原点となるエネルギーも合わせて実感できるかもしれません。

前正覚山へ続く登山道
前正覚山へ続く登山道

八大聖地は以下の通りです:

①ルンビニ(誕生の地)
②ブッダガヤ(悟りの地)
③サルナート(初めての説法の地)
④ラージギル(布教の地)

⑤スラヴァスティ(教団本部の地)
⑥ヴァイシャーリー(最後の旅の地)
⑦クシナガル(入滅の地)
⑧サンカーシャ(昇天の地)

この中で、四大聖地だけを訪問される際には①②③です。

ベストシーズン:2月~3月、10月~12月前半。ただし、2月~3月はアジア各地からの巡礼団体が多いため宿の確保が厳しく、半年前から予約の確定が必要になる場合があります。

参考プラン:バラナシ空港からデリー空港まで9泊10日

行程【宿泊地】
1 午前中にバラナシ空港到着。専用車にてサルナート観光へご案内:初転法輪像とアショカ王のライオン像が展示された考古学博物館、仏陀が初めて説法を説かれたダメーク・ストゥーパ、1932年に日本人画家の野生司香雪によって4年の歳月をかけて出来上がった壁画が残されているムールガンダ・クティ寺院、そしてアジア各国の寺院。バラナシへ戻り、夕方よりガンジス川の畔でアールティ見学。【バラナシ泊】
2 早朝のガンジス川でボートライドへご案内後、バラナシ旧市街見学。火葬場や黄金のヴィシュワナート寺院訪問。 その後、ブッダガヤへ向けて移動。【ブッダガヤ泊】
3 ブッダガヤの聖地へご案内:仏陀が悟りを開かれた菩提樹がある世界遺産マハーボディ寺院、悟りを開く前に6年間の苦行をされていた前正覚山・留影窟、そして乳粥を供養されたスジャータ村。その後、ラージギルへ移動。【ラージギル泊】
4 早朝、仏陀が初めて法華経を説かれた霊鷲山にてご来光。世界で最初の仏教寺院が建てられた竹林精舎を見学後、世界最古の大学とされるナーランダ大学跡へ。パトナへ移動し、釈尊仏舎利が展示されているパトナ博物館見学。【パトナ泊】
5 クシナガルへ向けて移動。途中、仏陀が最後の説法をされたヴァイシャーリーにて仏舎利が納められているレリック・ストゥーパとアショカ王の石柱を見学後、1998年に発掘された、仏陀がクシナガルで入滅される前最後に立ち寄ったとされる世界最大の仏塔ケサリヤ・ストゥーパへ。【クシナガル泊】
6 クシナガルの聖地へご案内:仏陀が入滅された大涅槃寺、その後その遺体が火葬されたラマバール・ストゥーパ、1,000年以上前の黄金の仏像が展示されたマタクアール寺院を見学。その後、国境を越え、ネパールの世界遺産ルンビニ聖園へ。到着後、仏陀が誕生されたマーヤ・デヴィ寺院へ。【ルンビニ泊】
7 国境を越え、インドのスラヴァスティへ。途中、仏陀の父親が王であった釈迦王国の首都カピラヴァストゥの廃墟を見学。スラヴァスティ到着後、仏陀がこの土地を気に入り、この地の王に対して敷地に金貨を敷き詰め土地を譲ってもらったと言われている祇園精舎訪問。その後、紀元前7世紀~5世紀に栄えたコーサラ王国時代の遺跡、舎衛城跡へ。【スラヴァスティ泊】
8 終日サンカーシャへ移動。【サンカーシャ泊】
9 サンカーシャの聖地へご案内:仏陀寺院、アショーカ王の柱、仏陀が昇天された3ヶ月後に降り、母親のマーヤ夫人と出会ったとされているマーヤ寺院見学。その後、アーグラへ。【アーグラ泊】
10 早朝の世界遺産タージマハル見学後、デリー空港へ。途中、仏像が多く収蔵されているマトゥラーの考古学博物館にお立ち寄り。

ご利用宿泊施設一例

バラナシとアーグラを除き、どのホテルも質素ながらも基本の設備は整っております。

備考

・日程はお客様のご都合に合わせて作成後、お見積りを算出致します。

・ルンビニはネパール領です。ネパール入国の際にはビザが必要となります(国境で取得が可能です)。

・夏季(4月~9月)はオフシーズンのため休業するホテルがあります。また、年始年末の時期はこの地域一帯で濃霧が発生しやすいため、日程通りに進めない可能性があります。

・お問合せ及びお申込みの流れに関しましてはこちらをご確認下さいませ。

Scroll to Top