H2 Travels ロゴ
 
インド・デリー現地旅行会社  


トップインドのヒマラヤと北東インド北インドの名所航空券
ヒマラヤ旅情報お申し込みの流れ約款会社概要お問い合せ



ヒマラヤの大パノラマを見にお洒落なアルモーラの山岳リゾートへ!


リゾートから眺める大パノラマ

アルモーラってどこ?

アルモーラは、ウッタラカンド州にあります。ヒマラヤの景色を楽しめる景観地のなかですとデリーから比較的近郊です。それでもデリーから専用車で片道約10時間、又は、特急列車で山の麓の最寄りの駅カトゴダム駅(列車所要約5時間半)、そこから専用車で山道を約3時間走ります。
もし列車で行かれる場合ですと、ご利用日2ヶ月前までにはご連絡を頂かなければ予約ですぐに満席になる可能性があります。列車でご希望される場合には早めにご連絡下さいませ。

カルマティア・サンガム・ヒマラヤ・リゾートはアルモーラより更にヒマラヤ山脈方面へ数キロ北に位置し、大自然の中、山の尾根沿いにあります。標高約2,000メートルにあるリゾートからは、ヒマラヤ山脈のパノラマとともに反対方向には山肌に家屋が並ぶアルモーラの街並みがお楽しみ頂けます。

こちらのリゾートはベンガル人とスコットランド人のマネージャー夫婦よって運営されており、コッテージはヨーロッパ風でもあり、とてもお洒落です。サービスもとても良く、一番のポイントは自家製ベーカリーやこの地方で取れる新鮮な野菜やハーブです。食事も充実しており、大自然の中に囲まれ、デリーの騒音から息抜きに訪れるには最適な場所です。

1泊あたりの料金(インド在住者限定):

最低2泊必要;1泊1部屋3食付き (2015年4月1日~2016年3月31日まで)
※2016年4月1日以降の料金に関しましてはお問い合わせ下さい。
カテゴリー3
(全2室)
カテゴリー2
(全7室)
カテゴリー1
(全1室)
ダブル
(2名様1室)
Rs. 8,000 Rs. 10,600 Rs. 12,200

1泊あたりの料金(インド国外在住者):
1泊1部屋3食付き (2015年4月1日~2016年3月31日まで)
※2016年4月1日以降の料金に関しましてはお問い合わせ下さい。
カテゴリー3
(全2室)
カテゴリー2
(全7室)
カテゴリー1
(全1室)
シングル
(1名様1室)
Rs. 6,200 Rs. 8,700 Rs. 10,400
ダブル
(2名様1室)
Rs. 9,500 Rs. 12,900 Rs. 15,300

※上記料金は変動する可能性がありますので、お申し込み時にご確認下さい。

※上記料金はホテル側諸税込みの料金です。
※カテゴリーの違いはお部屋の広さとなります。カテゴリー2でも十分広く、十分かと思われます。

※お食事はコンチネンタル、インド料理、イタリアンなど毎回替わります。朝食と夕食はビュッフェ形式となります。




Hoopoe(カテゴリー2)のお部屋

カルマティア・サンガム・ヒマラヤ・リゾートのお部屋


Hoopoeの客室


Scarlet Minivetの客室


薪暖炉が各部屋にあります

客室から眺めるヒマラヤ

アメニティーはオーガニック・ブランド

全10室しかないこのリゾートは、すべて独立したコッテージで9部屋がヒマラヤ山脈(北側)へ面しており、1部屋のみ、アルモーラの街(南側)へ面しております。カテゴリー3のお部屋は少々狭く、カップルに適しております。カテゴリー2のお部屋は広く、景色を眺める空間等があり、4人家族でいらしても十分に広く感じられる空間です。カテゴリー1のお部屋は2階建てとなっており、カテゴリー2より更に広くなります。各部屋にはブカリと呼ばれる伝統式の薪ストーブがあり、部屋を暖めてくれます。また、電気ヒーターもありますので寒い夜には一晩中ご利用頂けます。更に、リクエストにより湯たんぽサービスもございます。

バスルームのアメニティーはSOSという、地元のオーガニックブランドで、自然のものから造られております。香りもよく、お土産に最適です。リゾートの近所に、このブランドのコスメを販売している店があり、いろいろな種類の石鹸やシャンプーなどがご購入できます。

ほとんどのコッテージにはヒマラヤ山脈が眺められるテラスがあり、晴れている日には良い景色がお楽しみ頂けます。

電気は田舎に多い停電に惑わされる事なく、24時間利用できます。お湯もふんだんにご利用頂けます。ただし、電気はほぼ自家発電、水はほとんどが雨水を浄水したものでとても貴重ですので、有効にお使い下さいませ。

カルマティア・サンガム・ヒマラヤ・リゾートのお食事


テラスでの朝食


新鮮な野菜


朝食

コンチネンタルの昼食一例

インド料理の夕食一例

このリゾートの楽しみの一つと言えば食事です。スコットランド人のマネージャーがおり、コンチネンタル(西洋)料理はインドでは珍しくあまりしつこくなく、食べやすいです。パンはすべて自家製で、朝食のトーストからマフィン、夕食のディナーロールまで、手作りです。サラダはとても新鮮な野菜を使っており、ハーブをたっぷり含んだ自家製ドレッシングと合わせると美味しく召し上がり頂けます。朝食と夕食はビュッフェ形式で品数は都会の高級ホテルほど揃ってはいませんが、健康に気を使ったレシピで食べやすいかと思われます。

毎食料理のテーマがあり、インド料理やコンチネンタル料理の入れ替わりとなります。

カルマティア・サンガム・ヒマラヤ・リゾートの外観


夕暮れのコッテージ


ウェルカム・セレモニー


ダイニングホール

Owl外観

敷地内には森林が多い

リゾートは素晴らしい立地に位置します。市内からヒマラヤ沿いへ7キロ程、幹線道路沿いを走りますと尾根伝いにこのリゾートは建てられております。周辺は伝統的な家屋が並ぶ村々か野鳥が多く生息する森林地帯であり、全10室のコッテージからは絶景がお楽しみ頂けます。敷地内には専用のハイキングコースもあり、多くの野鳥も生息することからバードウォッチングにも最適です。セキュリティーもしっかりしており、入口には門番が24時間体制でリゾートを守っています。


カルマティア・サンガム・リゾートから眺める絶景


目の前は7000メートル級の山々が聳え立ちます


ヒマラヤ山脈から昇る朝日


インドで2番目に高いナンダデヴィ山

早朝のナンダデヴィ

ビューポイントから眺めるヒマラヤ山脈

なんと言ってもこのリゾートの一番のポイントは絶景です。おそらく、インドでもっともヒマラヤ山脈の大パノラマの景観が味わえるホテルでしょう。晴れていれば、インド管理下の領土では、第2番目に標高の高いナンダデヴィ山(標高7,816メートル)が目の前に出現し、途中に景色を処断する高い山もありません。また、反対側にはアルモーラの街並みが眺められます。

早朝はヒマラヤ山脈から昇る朝日がお楽しみ頂けます。

カルマティア・サンガム・ヒマラヤ・リゾート周辺の村散策


ホテル付近に位置する伝統的な村


村の集会


田園風景

村の風景

春はシャクナゲが咲きます

リゾートには様々なアクティビティーが主催されており、現地のガイド付きで周辺の村々の散策や、更にヒマラヤに近づいた地域最高地点(標高約2,500メートル)への日帰りミニ・トレッキングも催行されています。リゾートの周辺は伝統的家屋が並ぶ村々が多く、景色もよいです。春の3月や4月頃には色とりどりの花が咲き、特に真っ赤なシャクナゲが多く見られます。

ページトップへ
**************************************************************
まずはお気軽に eq@h2travels.com までお問い合わせ下さい。

弊社営業時間
月~金曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 6時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 9時半)
土曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 1時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 4時半)
日曜日、インドの祝日:休み
TEL: +91-11-6464-5624


当サイトの画像・文章の無断転載はご遠慮下さい。もしご希望の場合には必ず事前に担当者までご連絡下さい。
Copyright@2011 H2 Travels Pvt. Ltd. All Rights Reserved.


このサイトはインターネット・エクスプローラー(Internet Explorer)の画面用に作成されています。
その他のブラウザーでご覧になられる場合、文字化けやレイアウトのずれが生じる場合があります。