H2 Travels ロゴ
 
インド・デリー現地旅行会社  


トップインドのヒマラヤと北東インド北インドの名所航空券
ヒマラヤ旅情報お申し込みの流れ約款会社概要お問い合せ



長年岩を削って作り上げた世界遺産エローラとアジャンタの石窟寺院群


19世紀まではジャングルに埋もれていた世界遺産アジャンタの石窟寺院群

エローラとアジャンタのモデルプランに関しまして:

このページではデリーから飛行機で行く2泊3日のプランをご案内しております。行きはデリーを遅い午後に出発され、夕方に現地アウランガバードに到着し、その日はごゆっくりされるプランです。お時間が無い場合には駆け足旅行にて1泊2日も可能ですが、アジャンタはご訪問できなく、エロ―ラのみとなります。ムンバイからでしたら、ムンバイ早朝発のフライトがありますので1泊2日でエローラとアジャンタ両方のご訪問が可能です。アジャンタの石窟寺院群は月曜日がお休み、エローラの石窟寺院群は火曜日がお休みですので、重なる事がない様にご注意下さい


下記、モデルプランをご参考下さい。
ご参加人数、日程に合わせ、お見積もりを作成致します。
ホテルに付きましてはホテルのページにてご希望をご確認下さい。


モデルプラン名 プラン番号 旅行日数 催行期間
往復飛行機で行くエローラとアジャンタ AU-1 2泊3日 1年中

往復飛行機で行くエローラとアジャンタ
プラン番号:AU-1
催行期間:1年中(4月上旬~6月中旬は連日40度以上になる日々が多く、とても暑いのであまりお勧め致しません。)
旅行日数:2泊3日
観光シーズン:7月~3月(4月~6月は酷暑期なります。7月~9月は雨期ですが、雨量もそれほど多くなく緑豊かになるのでお勧めです。)

世界遺産エローラとアジャンタの石窟寺院群を2つ周遊しながら、タージマハールそっくりのビビ・カ・マクバラ、そしてインド三大砦の一つにも例えられているダウラタバードなど、数々の遺跡を楽しめるプランです。拠点地はアウランガバードとなり、こちらで宿泊となります。日本の仏教美術の原点ともなるアジャンタの第一窟にある蓮華手菩薩はルーツを感じさせられます。エローラでも一枚岩から百年以上の歳月を掛けてつくられたカイラーサナータ寺院の技術の高さは訪問者を圧倒させます。タージマハールの次に訪れたいインドの遺跡と言えば、エローラとアジャンタにあります。


世界遺産エローラの石窟寺院群の一つカイラーサナータ寺院


アジャンタ第1窟にある蓮華手菩薩


アジャンタの第26窟

ビビ・カ・マクバラ廟

ダウラタバード砦

日程表:

日程 スケジュール【宿泊地】
1 午後:デリーからアウランガバードまで飛行機で移動(所要約2時間)。夕方にアウランガバードご到着。ホテルまでご送迎。
【アウランガバード泊】
2
午前:アウランガバード市内にてご昼食後、アジャンタまで移動(所要約2時間半)。アジャンタ観光。
午後:アウランガバードまで戻り、タージマハールそっくりの霊廟、ビビ・カ・マクバラへ。その後、ホテルへ戻ります。
【アウランガバード泊】

石窟内の仏像
世界遺産アジャンタ石窟群
1819年にイギリス人のジョン・スミス士官が虎狩りの際虎を追いかけ偶然に発見した断崖にある仏教石窟群。2種類の仏教窟分かれ、1つは僧院(ヴィハーラ窟)もう一つは礼拝堂(チャイティヤ窟)となっています。第1窟の蓮華手菩薩の壁画は法隆寺金堂内陣の壁画のオリジナルではとも言われております。他にも釈迦の前世物語など優れた壁画がの残っており、細かな装飾、豊かな色彩の美しさが見るものを圧倒致します。


タージマハールそっくり!
ビビ・カ・マクバラ
ムガール王朝の第6代皇帝アウランガゼーブの王妃、ディルラス・バヌ・ベーガムの廟墓です。息子のアザム・シャーにより17世紀後半に建てられました。アグラのタージ・マハールをモデルに建てられていますが、国の財政の関係で大理石はドームと墓標の周りのみとなっています。ミニ・タージとも呼ばれています。
3
午前:ホテルをチェックアウト後、エローラへ向けてご出発。途中、インドで最も魅力的な砦の一つとされているダウラタバード砦と、タージマハールを建てたシャージャハーンを幽閉した息子、アウラングゼブ王の霊廟、アラムギール・ダルガ見学。昼前後にエローラ到着。
午後:地元のレストランにてご昼食後、
世界遺産エローラ石窟寺院群観光。観光後、アウランガバード空港へ移動(所要約1時間)。夕方のフライトでデリーへご出発。夜、デリーご到着。

砦の入口
ダウラタバード
12世紀、ヤーダヴァ朝の首都として造られた要塞(砦跡)。その後、この都市要塞は何度も主をかえ、拡張され、最後はハイデラバードのニザーム藩王国が支配していました。700段もある階段を上りきり、頂上にある宮廷住宅からは素晴らしい景色が見え、心地良い風が吹いています。

静かな霊廟
アラムギール・ダルガ
ムガール王朝時代、あのタージマハールを建設したシャージャハーン王を幽閉した息子のアウラングゼブ王の霊廟です。タージマハールに眠る父の墓や先祖であるフマユーン王を比べますと、質素ですが、大理石でできており、隣にはモスクが隣接されています。アウラングゼブは現在でも地元の人々から尊敬され、贅沢をしない王様として知られました。アウラングゼブは別名アラムギールと呼ばれています。

カイラーサナータ寺院
世界遺産エローラ石窟群
仏教寺院群、ヒンドゥー教寺院群、ジャイナ教寺院群と別れており、ハイライトはヒンドゥー教の寺院・第16窟・カイラーサナータ寺院です。ヒマラヤの聖地カイラス山(シバ神の住処)を象徴した寺院。高さ33メートル、幅40メートル、奥行き95メートルの強大な1つの岩から掘られた石窟です。石窟というよりは、壮大な建築物の様です。素晴らしい彫刻に覆われた巨大な石窟寺院は見るものを圧倒致します。

備考:
※アジャンタは月曜日、エローラは火曜日がお休みとなっています。
※12月上旬から1月下旬にかけて、北インド平野部では、濃霧が発生しやすくなります。この時期は、飛行機・列車の遅延、キャンセル等多くなることが予測されます。ご旅行のスケジュールには余裕をお持ちくださいます様よろしくお願いいたします。また、弊社では、飛行機・列車等の遅延、キャンセル等の責任は取れませんことを予めご理解、ご了承くださいます様よろしくお願いいたします。
※4月上旬~6月中旬は最高気温が40度を超える日々が多くなります。この時期にご旅行予定のお客様は、こまめに水分補給をして、体調には十分お気をつけ下さい。


食事に付きまして:
朝食と夕食は基本的にホテルでのお食事となり、インド料理の他コンチネンタル料理、インド風の中華料理が提供されます。昼食は地元のレストランにてインド料理又はインド風中華料理となります。


ホテルに付きまして:
アウランガバードではヴィヴァンタ・バイ・タージ・アウランガバードをお勧めしております。

   
ヴィヴァンタ・バイ・タージ・アウランガバード
アウランガバードで一番設備の整った老舗のホテルです。広大な敷地内には緑が多く植えられており、プールやジム、スパもあります。2つのレストランがあり、一つは多国籍料理が提供され、もう一つは中華料理のレストランです。客室は全部で68室。バスタブは、スタンダードのカテゴリーであるスーペリア・チャーム・ルームと、その一つ上のカテゴリー、デラックス・デライト・ルーム全室にあります。

ご注意:
※お申し込みの際には必ず約款をお読み頂けます様お願いいたします。
※必ず海外旅行保険にご加入された上でご参加くださいませ。

>お見積もりのお問い合わせをする

ページトップへ
**************************************************************
まずはお気軽に eq@h2travels.com までお問い合わせ下さい。

弊社営業時間
月~金曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 6時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 9時半)
土曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 1時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 4時半)
日曜日、インドの祝日:休み
TEL: +91-11-6464-5624


当サイトの画像・文章の無断転載はご遠慮下さい。もしご希望の場合には必ず事前に担当者までご連絡下さい。

Copyright@2011 H2 Travels Pvt. Ltd. All Rights Reserved.


このサイトはインターネット・エクスプローラー(Internet Explorer)の画面用に作成されています。
その他のブラウザーでご覧になられる場合、文字化けやレイアウトのずれが生じる場合があります。