H2 Travels ロゴ
 
インド・デリー現地旅行会社  


トップインドのヒマラヤと北東インド北インドの名所航空券
ヒマラヤ旅情報お申し込みの流れ約款会社概要お問い合せ



世界遺産タージマハールと歴史的建造物の宝庫アグラ


正面ではなく、川の反対側の公園(メータブ・バーグ)から眺める世界遺産タージマハール

アグラのモデルプランに関しまして:

このページでは、デリーから専用車で行く1泊2日のプランをご案内しておりますが、日帰りや他の観光地を含めたプランをご案内する事も可能です。お客様のご都合に合わせたプランを作成致しますので、詳しくはお問い合わせ下さいませ。尚、世界遺産タージマハールは金曜日はお休みですので、金曜日に重なる事がない様にご注意下さい。

デリーから日帰り(専用車)
デリーからの日帰りも可能です。以前までデリー市内⇔アグラ市内が片道5時間半かかる距離が2012年に開通したヤムナ・エキスプレスウェイにより片道3時間まで短縮されました。ただし、日帰りで訪れられる場所は世界遺産タージマハール、世界遺産アグラ城とメータブ・バーグ(公園)のみとなります。もし、より多くの見どころを日帰りで周られたい場合には往復列車でのご利用をお勧め致しますが、専用車ですとお好きな時間にデリーを出発できるメリットがあります。

デリーから日帰り(列車)
デリーから特急列車のシャタブディ・エキスプレスが毎日運行していますが、デリーは早朝06:00発、お帰りは夜22:30着と、1日中動き回るプランとなるため、だいぶ疲れやすいプランでもあります。また、10月以降の観光シーズンではチケットも取りにくく、だいぶ前から事前に発券しなければなりません。シャタブディ・エキスプレスはご利用日2ヶ月前にチケットが販売されます。列車ですとアグラまで約2時間と車で行くより早く着きますが、すべてのアグラ主要名所を観光されてもお時間は余る事が予想されます。詳しくはインド国鉄の列車タイプとクラスにてインドの列車について参考下さい。

ジャイプールとセット(ゴールデントライアングル周遊)
もしジャイプールへのご訪問も希望の場合には、アグラとセットで訪れるゴールデントライアングルコースをお勧めします。この場合はアグラ1泊、ジャイプール1泊または2泊となります。世界遺産ファテプール・スィクリがアグラとジャイプールを結ぶ幹線上にありますので、観光もしやすいです。また、インド最大級の階段井戸、アバネリ村にあるチャンド・バオリも訪れやすいです。


下記、モデルプランをご参考下さい。
ご参加人数、日程に合わせ、お見積もりを作成致します。
ホテルに付きましてはホテルのページにてご希望をご確認下さい。


モデルプラン名 プラン番号 旅行日数 催行期間
往復専用車で行くアグラの見所を満喫 AG-1 1泊2日 1年中

往復専用車で行くアグラの見所を満喫
プラン番号:AG-1
催行期間:1年中(4月下旬~6月下旬は連日45度近くなる日々が多く、とても暑いのであまりお勧め致しません。もし酷暑期に訪問される場合は、日中は観光せず、午前中観光のみのプランへ変更致します。)
旅行日数:1泊2日
観光シーズン:10月~3月(4月~6月は酷暑期、7月~9月は雨期となります。)

3つの世界遺産・タージマハール、アグラ城、ファテプール・スィクリと、あまり知られていませんが繊細な彫刻でに造られた白亜のイッディマド・ウッダウラー廟(通称ベイビー・タージ)、タージマハールを川の反対側から眺められる公園、メータブ・バーグ、ファテプール・スィクリを建造した最も尊敬されたムガールの皇帝、アクバルの廟を訪れます。アグラに1泊するので、ゆったりと見所を堪能できます。


タージマハール

世界遺産タージマハール
タージマハールに描かれたコーラン

ファテプール・スィクリ
ファテプール・スィクリ

通称ベイビー・タージ
世界遺産アグラ城
アグラ城から眺めるタージ(左部分)

日程表:

日程 スケジュール【宿泊地】
1
午前:ご希望の時間にデリーのご滞在先までお迎えに参ります。アグラへ向けてご出発(所要約3時間)。
午後:アグラご到着後、
イッティマド・ウッダウラー廟とタージマハールが川の反対側から見渡せる公園、メータブ・バーグ観光。その後、ご昼食。世界遺産タージマハール世界遺産アグラ城見学。夕方、ホテルへチェックイン。
【アグラ泊】

イティマド・ウッダウラー廟
イティマド・ウッダウラー廟
このうえなく優雅で洗練されたこのお墓は、ベビー・タージとも呼ばれており、ミズラ・ギヤス・ベグのお墓です。彼は、ジャハンギール帝の閣僚で、シャー・ジャハーン帝の王妃ムムターズ・マハールの祖父にあたります。彼の娘、ヌール・ジャハン王妃(ジャハンギール帝と結婚)により1622年~1628年に建設されました。遠く、ラホール近郊にある(現パキスタン)ジャハンギール帝のお墓に似ていると言われています。白大理石の繊細な彫刻は、息をのむ美しさです。


公園から眺めるタージマハール
メータブ・バーグ
ムガール王朝のバーブルが造った公園。メータブ・バーグとは、月の光の公園という意味です。ここからヤムナ川越しに素晴らしいタージマハールがご覧いただけます。一説によるとこの場所にシャー・ジャハーンは黒の大理石でタージマハールと同じ様式で自分のお墓を建設しようとしたと言われています。

タージマハール
世界遺産タージマハール
世界で一番美しいお墓とされている、巨大な霊廟。シャー・ジャハーン帝が亡き王妃ムムターズ・マハール(1631年没)のために22年の歳月と合計20,000人近くの労働者、建築家を擁して建設した白大理石の王妃の愛のシンボルです。圧倒的な美しさです。
世界遺産アグラ城
アマル・スィン門
世界遺産アグラ城
1565年にアクバル帝によって赤砂岩によって主要な建物は建設されました。孫のシャー・ジャハーン帝により彼好みの白大理石で宮殿風に増設もされています。シャー・ジャハーンは、晩年、息子のアウラングゼブ帝により窓からタージマハールが見える城の一画に幽閉されてしまいます。
2
午前:アクバル廟見学後、そのアクバルが都を築いた世界遺産ファテプール・スィクリへご案内。
午後:
ご昼食後、デリーへ向けてご出発(所要約5時間)。夕方、デリーご到着。

アクバル廟
アクバル廟
ムガール王朝の偉大なる皇帝、アクバル帝の霊廟(お墓)です。1613年に完成したこの砂岩と大理石で建てられた霊廟は、ヒンドゥー建築とムスリム建築を取り入れられており、アクバル帝の他宗教に対して寛容な哲学を代表する建築物です。内部の装飾が特に素敵です。


ファテプール・スィクリ
世界遺産ファテプール・スィクリ
この宮殿施設は、16世紀にムガール王朝のアクバル帝により第一子の誕生のお祝いに建設されました。跡継ぎに恵まれなかったアクバル帝は、アジメールへの巡礼の途中、スィクリ村のスーフィーの聖者シェーク・サリームの元を訪れました。彼は、アクバル帝が世継ぎに恵まれることを予言しました。予言は当たり、アクバル帝は、第一子誕生の際、喜びと彼の栄誉のため息子の名前をサリームと名付け、都をスィクリに移転しました。ジャママスジットの正門、ブランド・ダルワザは、高さ53メートルあり、威風堂々としていて必見です。

備考:
※タージマハールは金曜日が休みとなっています。
※12月上旬から1月下旬にかけて、北インド平野部では、濃霧が発生しやすくなります。この時期は、飛行機・列車の遅延、キャンセル等多くなることが予測されます。ご旅行のスケジュールには余裕をお持ちくださいます様よろしくお願いいたします。また、弊社では、飛行機・列車等の遅延、キャンセル等の責任は取れませんことを予めご理解、ご了承くださいます様よろしくお願いいたします。
※4月下旬~6月下旬までは最高気温が40度を超える日々が多くなります。この時期にご旅行予定のお客様は、こまめに水分補給をして、体調には十分お気をつけ下さい。


食事に付きまして:
朝食と夕食は基本的にホテルでのお食事となり、インド料理の他コンチネンタル料理などが提供されます。昼食は地元のレストラン、又は3つ星クラス以上のホテルにてインド料理、コンチネンタル、そしてインド風中華料理となります。


ホテルに付きまして:
弊社のアグラお勧めホテルは以下の通りです。


ザ・オベロイ・アマルヴィラスから眺める世界遺産タージマハール

ザ・ゲートウェイ・ホテル・ファテハバード The Gateway Hotel Fatehabad
カテゴリー:デラックス
タージ・グループが運営するホテルです。スーペリア・ルームと呼ばれるかわいらしい内装のお部屋からは、世界遺産タージマハールが望めますタージマハールから比較的近い距離に位置するので窓から眺めるタージマハールは美しいです。※スーペリア・ルームはスタンダードお部屋から一つ上のカテゴリーとなります。また、スーペリア以上のカテゴリーも、同様にタージマハールが望めます。


外観



スーペリア・ルーム


バスルーム


客室からの眺め
ラディソン・ブルー・アグラ・タージ・イースト・ゲート
Radisson Blu Agra Taj East Gate

カテゴリー:デラックス
2010年にオープンしたばかりの近代的なデラックス・ホテルです。タージマハールのチケット売り場までは約500メートルと近く、徒歩でも訪れることができます。インターネットはWiFiが無料で使用可能。そしてレストランには3食ともインド料理、西洋料理、その他のボリュームあるビュッフェが並びます。プールやジムもあり、設備の整ったホテルです。


外観



スーペリア


バスルーム


プール
トライデント・アグラ Trident Agra
カテゴリー:デラックス
ザ・オベロイ・グループが経営するデラックスホテルです。シンプルな造りですが、サービスの良さは他のオベロイ・ホテルと変わりません。アグラ市内に位置しながら、落ち着いた雰囲気のするホテルです。そして、すべての部屋にバスタブ付きです。徒歩圏内には、ショッピングセンターもあります。


中庭とプール



デラックス・ルーム


バスルーム


ロビー
ザ・オベロイ・アマルヴィラス The Oberoi Amarvilas
カテゴリー:スーパーデラックス
弊社がお勧めするインドの中でもぜひお勧めしたいホテルがここザ・オベロイ・アマルヴィラスです。
なんとすべてのお部屋からは世界遺産タージマハールが望めますタージマハールのためにアグラに来るのではなく、アマルヴィラスに泊るためにアグラに来ても価値がありますタージマハールからの距離がわずか600メートル広大な緑の敷地内に位置し、大自然とタージマハールの両方がお楽しみ頂けます。ここのマネージャーは「ゆっくり数日間滞在すれば良さがわかる」と言っていました。もし、お時間があるのでしたらぜひこのホテルでバカンスを!
*アメリカの Travel+Leisure にて、2015年のアジアのベストリゾート3位、世界のベスト16位ランクイン
*トリップアドバイザーにて、2015年のインドのベストホテル12位にランクイン

※オベロイ・リゾートに宿泊する、おトクな6泊パッケージプランも合わせてご覧くださいませ。詳細はこちら>


外観


プレミアー・ルーム


バスルーム


客室からの眺め


プール


ラウンジ


ロビー


朝食ビュッフェ

ご注意:
※お申し込みの際には必ず約款をお読み頂けます様お願いいたします。
※必ず海外旅行保険にご加入された上でご参加くださいませ。

>お見積もりのお問い合わせをする

ページトップへ
**************************************************************
まずはお気軽に eq@h2travels.com までお問い合わせ下さい。

弊社営業時間
月~金曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 6時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 9時半)
土曜日:インド時間 午前 9時半 ~ 午後 1時 (日本時間 午後 1時 ~ 午後 4時半)
日曜日、インドの祝日:休み
TEL: +91-11-6464-5624


当サイトの画像・文章の無断転載はご遠慮下さい。もしご希望の場合には必ず事前に担当者までご連絡下さい。

Copyright@2011 H2 Travels Pvt. Ltd. All Rights Reserved.


このサイトはインターネット・エクスプローラー(Internet Explorer)の画面用に作成されています。
その他のブラウザーでご覧になられる場合、文字化けやレイアウトのずれが生じる場合があります。